Don't Retire, Kid

ユーススポーツへの提言 by Kobe Bryant

はじめに

NBAスター、Kobe BryantProject Playを支持するアスリートの一人です。ユーススポーツを取り巻く環境に対して、元プロアスリートとしてだけでなく、父親としての視点からも提言をしています。そのインタビューを和訳しました(直訳と意訳が混ざっています)。

動画和訳

C: Hi, everybody. I’m Cari Champion along with Lakers legend Kobe Bryant. Kobe, so we just saw that from the latest public service announcement highlighting the fact that many kids retiring from sports. They need not do that. Why is it so important that kids stay with sports?
みなさん、こんにちは。私はCari Champion、レイカースのレジェンドKobe Bryantをお招きしています。Kobe、多くの子供達がスポーツから引退しているという事実に焦点を当てた公共事業による報告を目にしました、、、子供達がスポーツを辞める必要はありません。なぜ子供達にとっては大切なのですか?

K: Well, it teaches you a lot of valuable lessons. Aside from the physical, being fit, and aside from the mental health, being in situations playing sports, there is also emotional component too. Sports is the greatest metaphor we have for life. It teaches you things like how to deal with anxiety, communicating with each other, leadership, perform under pressure. All these are very valuable lessons.
スポーツは多くの価値ある教訓を与えてくれます。身体的・精神的に健康になる事に加え、情緒的な要素もあります。スポーツは人生の素晴らしいメタファーです。不安とどう向き合うか、コミュニケーション、リーダーシップ、重圧の下でのパフォーマンス、、、どれもが価値ある教えとなります。

C: Okay. So tell me about your involvement with project play.
Project Playとの関わりを教えてください

K: Well, it’s something I became passionate about because of their mission of how do you make the game become more engaging, how you enable kids to play. We live in an environment now where everything is extremely structured for children. Sports used to be something that kids go out and do for fun. But now it has become so regimented where parents are starting to kind of inject their own experiences or past failures, if you will, and want to their children, and it just takes the fun out of it.
いかにしてゲーム(試合に限らない、もっと包括的な意味)をより主体的で魅力的にするか、いかに子供達がもっと遊べるようにするか、という彼らの使命に対して情熱を持つようになりました。今の世の中は、子供達にとって全てがかっちりと組織化され過ぎています。そもそも、スポーツは子供達が外に出て楽しむものでした。それが、今は親が彼ら自身の経験や過去の失敗を注入する訓練的なものになっていて、楽しみを奪ってしまいます

C: And you talk about parents and what they do. And you are right that they are highly influential about what children do and what sports they don’t play. Talk about your involvement as a parent. We all know. We see that you are very visible with your daughters and playing basketball. What type of lessons do you pass on.
子供達が何をするか、どのスポーツをしないかに関して、親の影響力は非常に強いですよね。あなた自身の親としての(娘たちとの)関わりを話してください。あなたは娘さん達とよくバスケットボールをしていますね。どんな教えを伝えていますか?

K: The lessons I try to pass on, one is the commitment that they have to each other. I’m trying to build a bond, kind of a sisterhood. The other thing is that the game is fun. So how do you pique their curiosity. How do you get them interested in sport. How do you teach them the game versus barking out instructions. Get them to think. When they can think and problem solve on their own, the game becomes something that they own. That’s something that becomes more enjoyable to them versus having another parent on the sideline barking out orders.
一つは、お互いへの献身です。姉妹間の繋がりを築こうとしています。もう一つは、ゲームは楽しいものだ、という事です。いかに彼女たちの好奇心を刺激して、スポーツに興味を持たせ、説明を押し付けるのではなくゲームを教えるか。考えさせるんです。自分達で考え、問題を解決できるようになった時、ゲームは子供たちのものになります。そしてそれは、大人がサイドラインから命令を押し付けるよりも、もっと楽しいものになります。

C: Helicopter parents.
ヘリコプターペアレンツ(頭上旋回するヘリコプターのように、子供に常に付きまとう親のこと)。

K: Exactly.
まさに。

C: How have you seen youth sports change over the years?
長年にわたるユーススポーツの変化をどのように見てきましたか?

K: When many many moons ago, when I was younger. The AAU was something that started to come around. We started seeing sports being played more and more and more and more. And now it has come to a point where it’s basically a business. And a lot of these kids don’t have the opportunity to let their bodies heal; don’t have the opportunity to let themselves grow as basketball players or as athletes because of all the pressure that is being put on them. And not think it has been going downhill for quite a while.
僕が若かったずっと前にAAU(米国アマチュア運動競技連盟)が台頭してきて、スポーツがもっともっと盛んにプレーされるようになりました。そして今は、ユーススポーツは基本的にはビジネスというところまで来(てしまい)ました。多くの子供達が、身体を回復させる時間がなく、様々な重圧のせいでバスケットボール選手またはアスリートとして成長する機会がありません。この現象は悪化を続けています。

C: We talked about how parents can do to be different. How about coaches. How can coaches do a better job? When they have these kids, actually, being under their wings if you will.
親として何ができるかを話ましたが、コーチはどうでしょうか?実際に彼らの面倒を見るコーチは何をより良くできますか?

K: Teach, teach and listen. It’s not about us as coaches, and us winning or losing this game. It has nothing to do with this game. At this stage, it’s really about helping these individual children, these kids, get better. How do you help them become better people and better athletes. It’s not about you and winning the game. If you can remove yourself from that equation and just focus on teaching, that I think the kids’ experience will be better.
「教える」事です。そして「聞く」事です。大切なのはコーチとしての私たちや、私たちが試合に勝つか負けるかではありません。それは(ユーススポーツの)ゲームとは関係のない事です。あの段階では、一人一人の子供達が成長する手助けをする事です。どうやって、彼彼女らがよりよい人・アスリートになれる手助けができるか。それは、コーチと試合の勝ち負けではないのです。コーチが自分自身(のエゴを)をユーススポーツの公式から取り除く事ができ、教える事に集中できるのならば、子供達はよりよい体験ができるようになると思う。

C: That’s a solid message. Get better. It’s not about you. Alright, Kobe Bryant thank you so much. We appreciate your involvement in project play, and the effort to keep kids involved in sports.
力強いメッセージですね。より良くなる。コーチではない。Kobe、本当にありがとう。あなたがProject Playに携わってくれる事、そして子供達がスポーツに関わり続けるための尽力に感謝します。

補足情報

平均2m・100㎏の大男たちが1シーズンに82試合(+プレーオフ)も身体をぶつけ合うという身体的に過酷であり、また限られたポジションをめぐって熾烈な競争が繰り広げられるバスケットボールの世界最高峰NBA。それゆえに選手の平均キャリア年数が5年前後というシビアな世界です。そのリーグにおいてKobe Bryantは、20年(2016年に引退)もの間、活躍しました。

それを可能にしたのは、”求道者”という表現がぴったりなまでの自己管理と、他のNBA選手からもクレイジーだと言われるまでの練習量とその強度でした。そのベースにあったのは、チームだけでなく個としての勝ちへの執念だったと思います。

だからこそ、勝利至上主義と対局をなすProject Playへの彼の参加を非常に興味深く思います。プロアスリートとしての自分の取り組み方とは正反対の事をユースアスリートやその親・保護者に啓蒙できるその見識の広さと伝える側としての表現の巧みさは、自身のストイックなアスリートキャリアによってより説得力を増しています。選手時代以上に、今の彼を尊敬します。

彼に関する書籍には、和訳されたものもあるので興味があれば一読してみてください。

また、彼のパーソナルトレーナーを長年務めたTim Groverの著書にも、Kobeのトレーニングに対する取り組み方が書かれています。

(原文/情報元:https://www.aspenprojectplay.org/dont-retire-kid)